skip to Main Content

薪𖠿𖤣𖤥

我が家はまだ薪の調達が整いません。

叔父さんに頂いたりもしますが、今シーズンは購入に頼っています。

高遠にある薪の販売元を訪れました。以前は林業をやっていたそうですが、木の価値が下がり、森の担ぎ手も減り。林業を辞め、今は社長さん1人で薪の販売をしています。

お手製の薪割り機
ここに座ったまま、全部の工程が出来る。

もっと色んな人に薪を使って貰いたい。日本はとても木に恵まれている。要らない木はエネルギーに替えて、森を守っていきたい。でも、薪の値段が高ければ誰も買わない。だから、僕は灯油より安い値段で薪を提供している。そんな会社がどんどん増えたら嬉しい。

と話してくれた。

割った薪はベルトコンベヤーで運ばれる

建築用の材木ももっと安く手掛けていきたい。と、案内してくれた倉庫にはたくさんの材木!

いつまでも目標を捨てず、木や薪の素晴らしさを世に伝えようとしてる姿がとても誇らしく思えました𖤣𖤥

よくよく我が家の地域を見てみると、煙突のある家が沢山ある事に気付き( ⊙⊙)!!この地域は薪の争奪戦なんじゃないか?と焦るばかりです!

購入に頼らない薪の調達はまだまだ先の話になりそうです𖠿𖤣𖤥

Back To Top