コンセプト

マルアサ工房の想い、コンセプトについて。

本物にこだわる

ログハウスのマルアサ工房は素材、工法、家を建てるすべてのものに妥協せずこだわります。
ログハウスを作り続けてきたからこそ、ご案内できる本物のログハウス。
一邸一邸、自由設計で対応させていただくため、同じものはひとつとしてありません。
住まう方の想いを形にするためのお手伝いをさせていただきます。

素材・工法へのこだわり

素材・工法へのこだわり マルアサ工房はお客様のご要望にお応えするために、素材・工法など、それぞれの特長を活かして 住宅に関わることひとつひとつにこだわります。

●ハンドカットログハウス
●マシンカットログハウス(D型・角型・丸型)
●ポストアンドビーム
●ティンバーフレーム
●ローコストハウス(在来工法)
●スーパーウォール工法
●ツーバイフォー

3大保証で「大きな安心」をお約束します

家造りは一生のうちで何度とない大きな買い物です。
しかも家は何十年もの長い間、お住まいいただく大切なもの。
ですから、お客様がいつまでも安心してお住まいいただくために 当社では住宅完成の保証システムから
ご入居後の保証までの3大保証で 「大きな安心」をお約束します。

【1】 住宅完成保証制度
住宅保証機構は「万一」の時でも、お客様の家を完成し引き渡しをするお手伝いをいたします。
住宅完成保証書を発行します。
この制度は、業者倒産などにより工事が中断した場合に、発注者の負担を最小限に抑えるため、(財)住宅保証機構が増嵩工事費用や前払金の損失の一定割合を保証するものです。
また、発注者の希望により工事を引き継ぐ業者をあっせんします。
【2】 地盤保証
基礎工事の着工日に始まり引渡日より10年以内、最高5000万円の保証でマイホームのあんしんをお約束いたします。
地盤調査は家づくりの第1歩です。
当社では地盤に関する調査とその保証を行っています。これは地盤調査を行い建築予定地の地盤状況を確かめ、不同沈下などの不測の事態に備えるためです。一度不同沈下をおこすとその修繕には建物価格と同じくらいの費用がかかってしまいます。当社では、地盤 に対する事故から家というお客様の大切な財産を守るため地盤調査をお願いしています。(調査費用別途)保証内容は、不同沈下が原因の建物の現状回復のための保証費用、ならびに補修工事期間に必要とされる仮住居とその費用を一保証対象物件、一事故につき最 高5000万円まで、基礎工事の着工日に始まり引渡日から10年間保証します。なお、下記条件を満たしている物件が対象となります。
●当社において注文建築された木造の建物
●施工前に地盤調査を当社指定検査会社へ依頼した建物
●地盤調査のデータ解析により提案された基礎工事または地盤改良工事を施工された物件
※注:保証金額は総工費によりことなります。
【3】 10年保証
建物のお引き渡しから10年間の品質保証をいたします。
安心の長期10年保証
当社は(財)住宅保証機構に登録しており、新築建物の基本構造部分、雨水の侵入については長期10年保証を、その他については各部位ごとに1~2年の保証期間を定めて、その品質の保証を行っています。
※ログハウス、ポストアンドビームは、その特性について十分ご理解していただく事が必要です。

プライバシーポリシー
個人情報の保護について

【1】 個人情報取扱事業者の氏名又は名称(法24条1項1号)
株式会社 マルアサ工房
【2】 個人情報の取り扱い
弊社は、個人情報保護に関連する法令を遵守し、お客様からご提供いただく個人情報を、細心の注意を払って取り扱っています。このプライバシーポリシーでは、当社におけるお客様の個人情報の取り扱いについてご説明しております。
【3】 個人情報の利用目的(法18条、15条)
お客様から集めた個人情報は、次項記載の利用目的の他、以下の目的で利します。
(弊社モデルハウス・資料請求・現場見学会等ご契約前の営業段階で取得した個人情報)
●お客様に対し、建築プランのご提供をするため。(請負契約・売買契約締結時に取得した個人情報)
●請負契約又は売買契約を締結したお客様の建物を建築するため。
【4】 保有個人データの利用目的(法24条1項2号)
●当社が建築したお客様宅のアフターメンテナンスを行うため。
●当社がお客様に提供するサービスにおいて利用するため。
●お客様に特別なサービスや新しい商品などの情報を的確にお知らせするため。
●お客様に合ったサービスを提供するため。
●当社の建築した建物の利用状況や利用環境などに関する調査を実施して客観的にお客様の満足度を把握するため。
●必要に応じてお客様に連絡を行うため。
●会計監査上の確認作業を行うため。
●紛争処理の手続を行うため。
【5】 個人情報の安全対策(法20条)
お客様の個人情報を安全に管理・運営するよう鋭意努力しており、個人情報への外部からの不正なアクセス、個人情報の紛失・毀損・破壊・改ざん・漏えい、社外への不正な流出などへの危険防止に対する合理的かつ適切な安全対策を行っています。また個人情報を 取り扱う部門ごとに情報管理責任者を置き、個人情報の適切な管理に努めるとともに、情報セキュリティに関する規定を設けて社員への周知徹底を実施しています。
【6】 第三者への提供(法23条)
個人情報は、以下のいずれかに該当する場合を除いて、いかなる第三者にも開示・提供いたしません。
(1)お客様の同意がある場合。
(2)お客様個人を識別することが出来ない状態で開示する場合。
(3)業務を円滑に進める等の理由で外部業者に取り扱いを委託する場合。(この場合には、十分な保護水準を備えている委託先を選定し、漏洩や最提供を防止するために契約による義務づける等の方法により、適切な管理を実施します)
(4)法令等により開示を要求された場合。
(5)人の生命、身体又は財産の保護のために必要であって、お客様の同意を得ることが困難である場合。
(6)国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、お客様の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障をおよぼすおそれがある場合。
(7)次項に掲げるグループ企業に対して提供する場合。
【7】 個人情報の開示手続(法25条)
保有個人データの開示手続は、弊社情報管理部が担当致します。
(情報管理部)
住所:長野県小県郡長和町長久保881-4
株式会社 マルアサ工房
担当:朝倉
電話:0268-68-4422
FAX:0268-68-4588
メールアドレス:loghouse@maruasa.co.jp
弊社が保有する保有個人データの開示のご請求を希望される場合には、上記情報管理部担当者までお問合せ下さい。
弊社所定の書式をFAX又はE-mailにてご送付させていただきますので、同書式にてご請求頂くことになります。
尚、上記開示手続には、金1,000円の手数料が発生しますので予めご了承下さい。(法30条)
【8】個人情報の訂正等(法26条)
弊社が保有する保有個人データのないように事実と異なる記載がある場合には、訂正、変更又は削除の手続を取らせて頂きます。
【9】苦情の処理(法31条)
弊社の個人情報の取り扱いについての苦情処理につきましては、下記部門が対応させて頂きます。
受付時間は平日の午前9時から午後5時までとなります。
(情報処理部)
住所:長野県小県郡長和町長久保881-4
株式会社 マルアサ工房
担当:朝倉
電話:0268-68-4422
FAX:0268-68-4588
メールアドレス:loghouse@maruasa.co.jp
PAGETOP