メンテナンス

【ログハウスのヤニの除去】

米松(ダグラスファー)を使用するログハウスやポストアンドビームは、表面にヤニが出てくる事があります。

松系の樹種は強度がある分、ヤニを多く含んでいます。

ヤニは衣類に付着すると、なかなか落ちません。

表面に出てきたヤニの除去方法としては、夏場などヤニが溶けてゆるくなっている時は、布にアルコール等

を染み込ませ拭き取ると良いでしょう。

大きな塊でしみででいる時はスクレイバーやカッター等で削ぎ落としてから、残りのこびりついた部分を同様

に拭き取ると良いでしょう。

また、冬場はヤニが固くなり取り易い時期です。

小さなプツプツとしたヤニはガムテープの粘着力を使うと、跡も残らずきれいに取れます。

 

mente-yani1.JPG

木肌表面にプツプツとしたヤニの塊がたくさん見えます。

 

mente-yani2.JPG

作業時は寒い季節だったので、ガムテープで簡単に除去する事が出来ました。

 

mente-yani3.JPG

たくさんあったヤニの塊も綺麗になくなりました。

PAGETOP