メンテナンス

【ログハウスの設備工事】

標高の高い寒冷地の家は水抜きという特殊な作業がが必要になります。

設備配管は一般的に床下か壁内にあり見えないのですが、寒冷地では壁から出した露出配管に

傾斜を付けて水を流れやすくしています。

0℃以下になると水道管内の水が凍結、膨張し、ボイラーや蛇口が破裂してしまう事があります。

配管に凍結防止帯を巻きますが、冬期に何ヵ月も使用しない場合などは、水抜きを行った方が安全です。

水抜き作業はマニュアルを作成し、お引渡し時に説明させていただきます。

mente-setubi.jpg

配管に勾配がつき、凍結防止帯が巻いてある様子。           

PAGETOP