NEWS

犬走り その4

June 23 2016

レンガ積みは終わりましたが犬走りにするためには、内部に土を入れてその上にレンガを敷きます。

内部を土で満たすには大量の土が必要です。

代わりに入れられるものを考えたところ・・・ありました、いい物が。

それを入れた写真がこちら。

IMG_0490.jpg

そう、玄関アプローチや今回の作業で掘り出した石です。

庭にあっても邪魔なので犬走りの中に入れてしまいました。

我ながらよくこんなに掘り出したなと思います。

犬走り その3

June 18 2016

犬走りはレンガで造ることにしました。

先ずはレンガを置く地面を平らにしますが、玄関アプローチの時と同様に石がゴロゴロ埋まっていて掘り出すのが大変です。

地面を平らにしたところで砕石を敷いてモルタルでレンガを積んでいきます。

一応水糸を張って、水平器で水平を確認しながらレンガを3段積みました。

犬走りの壁が積み上がった写真がこちら。

IMG_0485.jpg

多少デコボコしていますが、素人ですからこんなもんでしょう。

写真1枚だけですが、ここまでで1ヶ月以上は掛かっています・・・。

犬走り その2

June 12 2016
我が家の南側です。
太陽光パネルのせいで雪止め付けれませんね。
ちなみにパネルはソーラーフロンティアです。
この南側の軒下全体に犬走りを設置します。

IMG_0497.JPG

下の図のように犬走りで雨水の跳ね返りが壁に当たるのを防げるはず・・・。


犬走り.jpg

犬走りはデッキっぽく使えそうだし、もし効果なくてもまぁ良いかと考えつつDIYスタートです。

犬走り その1

June 5 2016

我が家の南側の屋根には雨樋がありません。

本当は付けたかったのですが私が屋根にソーラーパネルを設置しすぎたせいで雪止めを付けられず、雪止めなしだと雨樋が雪で壊れるということで設置を断念しました。(ソーラーパネルの設置は分離発注です)

パネルを出来るだけ多く設置しようとばかり考えていて、雪止めのことは全く抜けていました。

分離発注のデメリットでもありますね。


我が家は一般的な家より軒の出は長いですが、それでも雨樋がないと屋根から流れ落ちた雨が地面で跳ね返り外壁を汚します。

我が家の外壁は真っ白なので特に目立ちます。

はじめは小石を雨が落ちる場所に敷いてみましたがほとんど汚れは改善しませんでした。

そこで軒下に犬走りを作って跳ね返りを止めようと考えました。

ということで、我が家の南側全面への犬走り設置DIYが始まりました。(つづく)

PAGETOP